いまいち目新しさに欠けるブログ(今日どう?通信)

ごく普通の社会人が書く、ごく普通のありふれた日常を書き綴るブログになる予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うらやましいと思うこと

 何の取柄もない自分としては、特に芸術系の能力がある人はうらやましく思う。楽器を弾けたりだとか、きれいな絵が描けたりだとか。
残念ながら、自分は幼少時何の習い事もしてこなかった。習い事をしていた人は、そんなにたいしたことはやっていないとか、ちょっとしかやっていなかったと言うが、そのちょっとした差が自分を何もできない凡人(天才の対義ではなく、そうしたことができる知識・能力がないという意味で)に仕立て上げらてしまったと思うと、なにか悔しい。
 だがしかしかといって、自分が今まで幼少期に体験したことが無駄だったかと思えばそうでもない。今以上に生き生きとして、生活感を感じられたのである。どちらの人生がよいのか決まっていない。にもかかわらず、前者のような生活に羨みを持ってしまうのである。さながら、都会にあこがれる田舎者といったところであろうか。

 人間は自分にないものをうらやましがるという性質がある。なんと欲深き生き物であろうか。そんなことを、こうした自分の思いの中に感じてしまうのであった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。